葉酸サプリにも副作用がある?

葉酸サプリにも副作用がある?

葉酸は妊婦や妊娠を希望している方が積極的に取り入れるべき栄養素ではありますが、副作用はないのでしょうか。

結論から言ってしまえば重い副作用に繋がるリスクは高くないと言われています。 その理由として挙げられるのが葉酸は水溶性のビタミンであるということ。 ビタミンの中には使われなかった分が体内にどんどん蓄積されてしまう脂溶性と呼ばれるタイプのビタミンもあります。
葉酸と葉酸サプリの基礎知識

こういったものは過剰摂取の恐れがあるのですが、葉酸など水溶性ビタミンは使わなかったものが体内に蓄積されることはなく、尿などと一緒に排出される形になります。そのため、重篤な副作用に繋がる危険性は高くないのです。

ただ、一度にたくさん飲んでしまった場合には過剰摂取の恐れがあります。 葉酸を飲んでも副作用のリスクが高くないというのはあくまで推奨される量を守って飲んだ場合だといえるでしょう。
鹿児島大学病院

推奨量として厚生労働省では、妊娠中は食事以外にサプリメントで400μg程度の葉酸を摂取するように推奨しています。ところが、これを守らずに1000μg以上葉酸を摂取してしまった場合、副作用のリスクが考えられるので注意しなければなりません。

また食事からも葉酸を取り入れることができますが、サプリメントとして販売されている葉酸は食事から摂取できる葉酸に比べて吸収率が高いと言われています。そのため、葉酸を多く含む食材を食べ過ぎた時よりも過剰摂取の危険性が高いということをしておきましょう。

過剰摂取を防ぐためには安全なサプリメントを選ぶことも大切です。日本製のサプリメントの多くは過剰摂取に対する配慮がされていますが、海外製のサプリメントの中にはそういった配慮が甘いものもあるため、自分で注意する必要があるのです。

また、天然葉酸ではなく、合成葉酸で製造されているサプリメントの場合、天然のものに比べて肝臓に蓄積される可能性が高くなると言われています。できるだけ天然の葉酸サプリを選び安心して飲めるものを探してみてはどうでしょうか。

産後の葉酸摂取について

妊娠を希望している方や妊娠中の方は葉酸が不足しないように注意しなければなりません。 そのためにサプリメントを飲んできたという方も多いかと思いますが、いつまで飲み続ければいいのか疑問に思っているのではないでしょうか。

妊娠時の奇形を防ぐ目的で飲み始めた方は、出産後は飲む必要がないと感じてしまうかもしれません。ですが葉酸というのは産後も必要になります。もし授乳期間中に葉酸が不足してしまった場合は様々な悪影響が出ると言われているのです。

例えば、むくみ、抜け毛、産後うつといった症状が起きやすくなります。これは、産後はホルモンバランスが変化するためです。

母乳は血液から作られていますが、葉酸が不足してしまうとうまく血液を作ることができなくなります。また母乳にも質があるのですが、葉酸が不足すると質の悪い母乳ができてしまう可能性も高くなってしまうのです。

当然ながらそういった母乳は栄養素も不足しており、赤ちゃんの成長に悪影響をもたらしてしまう可能性も考えられます。

こういったことを避けるために授乳期間中もしっかり葉酸を取りましょう。ただ、葉酸はあくまで栄養素であり、薬ではありません。そのため、母乳の出が悪いからといって必要以上に葉酸サプリを飲むような対策はやめましょう。

また、母乳の出を良くするためには鉄分も配合されている葉酸サプリを選ぶのがおすすめです。 葉酸は造血ビタミンとも呼ばれています。同じく鉄分も造血作用を持った栄養素なのですが、母乳を作り続ける際には、どうしても鉄分が不足しやすくなってしまうのです。

そこでサプリメントで上手に取り入れ母乳の出を良くしてあげましょう。母乳ではなくミルクで育てているという方もいるかもしれませんが、葉酸には産後の子宮機能を改善させる効果もあると言われています。

そのため、自分はミルクで育てているから葉酸を取らなくていいと考えるのではなく、子宮回復目的でも取り入れるといいですね。

葉酸でうつ病予防

葉酸には様々な働きがあるのですが、うつ病の予防にも効果があるということが東京大医学部の村上健太郎氏と国立国際医療センターの溝上哲也氏による研究で明らかになりました。

葉酸というと妊婦さんに必要な栄養素であるイメージがありますが、様々な作用の一つにリラックス効果があります。これがうつ病を予防するのに大きな効果をもたらすようです。

実際に抗うつ剤のみを飲んだ方と葉酸も摂取した方を比較してみると、抗うつ剤に加えて葉酸も摂取した方のほうが大幅に効果が上がったと報告されています。

また、この研究報告では、実際にうつ病を患っている患者さんの食事を調査したところ、ほとんどの方の食事内容で葉酸が不足していたそうです。ここから、葉酸にはうつ病を予防する働きがあるだけでなく、葉酸が不足するとうつ病になりやすいともいえるのではないでしょうか。

普段から葉酸を取り入れることはうつ病予防にも効果的です。葉酸というとどうしても妊婦さんが取り入れるべき栄養素というイメージがあるかもしれませんが、健康管理の一環として、取り入れてみてはどうでしょうか。

特に意識して葉酸を取り入れたい人といえば、アルコールの摂取量が多い方です。そして、アスピリン・ピルなど飲んでいる方です。こういった方は葉酸が不足しやすいので自分で意識をしながら取り入れていかなければなりません。

葉酸が含まれる食材を積極的に食べるというのもいいのですが、十分な量を摂取するということを考えると食事だけでは難しいといえるでしょう。そういった方にもおすすめなのがサプリメントです。

サプリメントであればとても簡単に葉酸を摂取することができるため、健康管理に役立ててみてはどうでしょうか。実際に心療内科では抗うつ剤を処方するほか、葉酸を摂取するように勧めるところもあるようです。

小さいことで深く悩んでしまいがちな方はうつ病になりやすいと言われていますが、普段から葉酸を適量取り入れることにより、うつ病発症のリスクを抑えることができるでしょう。

天然素材を使ったものなら100%良い?

葉酸サプリといっても様々なものがあるため、どれを選べばいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。いろいろなところで言われているのが天然素材の無添加サプリメントを選択した方が良いということ。

だからといって、添加物の入っている葉酸サプリは100%危険、天然サプリメントであれば100%安心とは言えません。

確かに、合成、化学成分などという言葉よりも自然、オーガニックといった言葉の方が安全な気がしますよね。自然由来と書かれていればとにかく安全だと思っている方もいるのではないでしょうか。

ですがこういった選び方をしてしまうと失敗してしまう可能性が高くなります。実際に厚生労働省も天然や自然と言った言葉だけを基準にして商品選びをしないように注意喚起をしているのです。

人工甘味料などは不要な添加物ともいえるので、こういったものは含まれていないものの方がいいでしょう。ただ、すべてを添加物化学合成は良くないものと決め付けるのではなく、本当に良いものを選べるようになりましょう。

葉酸サプリについて考える際には、天然の葉酸と合成の葉酸で大きな違いがあります。それは、体内での利用効率が異なるということ。天然の葉酸に比べ化学合成で作られた葉酸の方が体内利用効率は高いのです。これはメリットでありデメリットでもあると言えるでしょう。

効率よく葉酸が摂取できるというメリットはありますが、飲みすぎると過剰摂取に繋がってしまう恐れがあります。ただ、容量を守って飲めば過剰摂取の恐れはないわけなので、どちらを選ぶかはよく考えてから決める必要があります。

天然の素材から作られていたとしても農薬などをたくさん使って育てられた素材であれば安全とは言えません。このように天然・自然であるかどうかを第一に考えるのではなく、「安全であるかどうか」にこだわった商品選びをしてみてはどうでしょうか。

メーカーのホームページなどから成分をチェックするのはいいのですが、メーカーの宣伝だけを鵜呑みにするのではなく、細かい部分もチェックして決めたいですね。

このページの先頭へ